板金加工、架台・フレーム組立等、装置・機械に関する板金加工はすべてお任せ!

振れ止め金具の加工方法変更でコストダウン

提案効果 コストダウン、納期短縮
加工内容 切削加工

振れ止め金具の加工方法変更でコストダウン

Before

アングルとボルトを繋ぐ振れ止め金具を800個製造する際、レーザーでプレートを1個単位に切断した後、1個ずつの曲げ加工を行っていたため、相当数の工数が発生していました。800個の振れ止め金具は同サイズであり、複数ロットでの曲げ加工を検討しました。

After

1個ずつの曲げ加工ではなく、10個繋げた状態で一度に曲げ加工を行うように変更しました。10個のプレートは、レーザーで完全に切断するのではなく、人的にて一個づつ分離できる程度につなげて加工しました。これにより、曲げ加工時間を1/10に短縮できたことにより、製造リードタイムを短縮し、コストダウンを実現しました。

コストダウン・品質向上・短納期化のポイント

同形状の加工品を製造する際、複数ロットを一度で加工できるか検討することがコストダウン・製造リードタイム短縮のポイントになります。当事例のアングル振れ止め金具では、10個の同時加工により、レーザー加工工数を大幅に削減でき、コストダウンを実現することができました。

VA・VE提案事例一覧に戻る 
FAQ 当社に数多くいただく質問集
板金部品製作 フレーム・架台組立 コストダウンハンドブック