板金加工、架台・フレーム組立等、装置・機械に関する板金加工はすべてお任せ!

製缶板金加工とは?板金加工との違いやコストダウン方法についてご紹介

製缶板金加工とは?

鉄やステンレスといった金属板を切ったり、曲げたり、溶接したりして目的の形状に作り上げる加工のことを板金加工といいます。また、溶接や機械加工を行い建物の骨組みなどを立体的に作り出すことを製缶板金加工といいます。

 

製缶板金加工と板金加工の違い

次に製缶板金加工と板金加工の違いについてご説明いたします。製缶加工では金属の厚板(7mm以上)、板金加工では薄板(7mm以下)を主に使用するため、使用する板厚の違いが、製缶板金加工と板金加工の違いとして一般的に挙げられます。

 

製缶板金加工のコストダウン方法

次に、製缶板金加工のコストダウン方法についてご説明を致します。コストダウン方法としては、下記の通り様々な方法が挙げられます。

・材料費におけるコストダウン

定尺の板から歩留まりが良くなるよう板取を考え、材料費を抑えることでコストダウンを実現することができます。

・工程数の削減によるコストダウン

製缶板金加工では、板金加工に比べ溶接が多用されるため、溶接個所削減や溶接方法の変更によってコストダウンを実現することができます。そのため、当社では展開方法の変更、溶接箇所を両引きから片引きにするなどして加工時間の短縮する工夫をしております。

・工法変更によるコストダウン

公差指示があり、通常切削加工で行う製品でも、レーザー加工において指定の公差が出せるものに関しては、レーザー加工で行うよう加工方法の変更を提案しコストダウンを実現します。

製缶板金加工において、図面指定にある材質を指定通りに揃える・調達することも重要ですが、お客様の使用環境・用途に合わせて、最適な選定・提案を行うことも役割の一つと言えます。

 

製缶板金加工の加工事例

・特殊車両製造現場向け作業台

自動車業界で使用される、作業台及び引き出しトレイの製作をしました。W2500×D800×1500の大物製缶板金加工品です。材料にはSUS304 2Bを使用しています。お客様の作業台サイズや引き出し数などのご要望をもとに弊社にて設計し、導入させて頂きました。作業台は清掃の際に移動ができるように、ロック式キャスターを搭載しています。

SUS鋼板をレーザーにて切断し、仕上がり品質を上げるため、スパッタが発生しにくいTig溶接機によって溶接しました。細かい溶接個所については熟練作業者によるハンド溶接で対応し、溶接機と組み合わせて最適工数で対応させて頂きました。部品製作だけでなく、スライドレールなどの仕入れ品を含めて組み立てた後、出荷・納品させて頂きました。

>>事例の詳細はこちらから

 

・特殊車両用フェンダー

特殊車両に搭載される、フェンダーを製造しました。サイズは、L1250xW800です。材料には、板厚1.6mmのSEHCを使用した製缶板金加工品となります。美観を重視される部品であり、加えてフェンダーという性質上歪みが許されませんでした。

半自動溶接にて溶接後、歪み取りをおこないます。当フェンダーの塗装は①脱脂 ②下塗り ③プラサフ×3回 ④下処理 ⑤黒塗装 ⑥ピンク塗装 ⑦赤塗装×2回 ⑧研磨処理 の12工程を通り完了されます。

>>事例の詳細はこちらから

 

・建築設備用換気BOX

建築設備工事で使用される、地中熱換気システムの給気ユニットを製造しました。自社にて設計し、製造、納品まで一貫して対応させて頂きました。当事例の地中熱換気システムは商業施設用として使用され、地熱を利用して換気を行う省エネシステムです。全4台の製造をさせて頂きました。

給気ユニットのサイズは、L1600×W1200×H1800です。筐体であり、歪みによる隙間の発生への懸念と多数の溶接工程の発生によるコスト増加を懸念し、溶接を少なくできるリベット構造にて設計しました。

材料には、板厚2.3mmのエコガル材を使用しています。レーザーにて各フレームを切断し、ベンダー加工機にて曲げ加工を行います。歪みが出ないようにTig溶接にて最小限の箇所を溶接しました。

>>事例の詳細はこちらから

 

・特殊車両用アルミ製BOX

特殊車両に搭載される、装備品を入れるアルミ製のBOXを製造しました。サイズはL1400×W600×H380です。

t3.0のAL縞鋼板をレーザーにて切断します。縞目の高さを考慮した皿もみを行い、ベンダーで曲げ加工をします。溶接個所・距離を最短にするべく、従来とは展開方法を変更し、Tigにて全溶接することで70%の作業工数削減を実現しました。蝶番の組付けなど、組立工程も一貫して行い、歪み等のない高品質な製品として納品させて頂きました。

>>事例の詳細はこちらから

 

・ストボックス TPシリーズ

ホームセンターで販売される、ダストボックス TPシリーズを製造・販売しております。自社オリジナル製品であり、開発~製造まで一貫して自社で行いました。エコガル材(t1.2)を使用した溶接レスの商品で、溶融亜鉛メッキよりも3倍の防錆性を持つため、屋外での使用に優れます。扉をA5052とすることで、軽量化し、開閉を容易にしました。

レーザー・タレパン複合機にて面材を切断し、ベンダーで曲げて成型しました。その後、弊社組立工場にてリベット・ボルトで組立て、梱包・納品させて頂いております。

>>事例の詳細はこちらから

 

製缶板金加工依頼時の注意点と依頼先選定のポイント

製缶板金加工では、図面に記された製品の形状や設計者の意図をくみ取ることに加え、強度・寸法精度(公差)、コストなどを考慮しながら展開を考えます。工場の保有する機械設備によって加工方法や展開方法が変わってきますので、職人の技量によって製品のクオリティやコスト面に大きく差が出てきます。そのため、依頼先としては幅広い加工実績があり、加工技術の高い依頼先を選定することが重要です。

 

製缶板金加工のことなら、「BANKIN LABO」にお任せ!

「BANKIN LABO」を運営する株式会社トリパスは、板金加工における精密板金加工~型鋼・アングル鋼の製缶加工まで幅広く対応が可能です。生産設備としては、トルンプ社のレーザー加工機、NCベンダー、レーザー溶接システム、さらに立型マシニングセンタ、CNC旋盤など様々な加工機を取り揃えており精度の高い加工をすることができます。板金加工、架台・フレーム組立等、装置・機械に関する板金加工はすべてお任せ下さい。

>>お問い合わせはこちら

>>VA/VE提案事例はこちら

>>製品事例はこちら

 

コラム一覧に戻る
FAQ 当社に数多くいただく質問集
板金部品製作 フレーム・架台組立 コストダウンハンドブック